dota2 初心者の記録

dota2初心者の記録 第14週の感想 大事件勃発

投稿日:2018年6月10日 更新日:

34戦目。Skywrath Mage。midをやる人がいないので自分がmid。対面はZeus。2回キルしたらいなくなりましたw
Skywrath Mageがmidでうまくいくと強いです。Gankして31分で終わりました。勝利。

35戦目。Skywrath Mage
midの見方のMonkey Kingがmid戦を勝ってくれたので、一緒にキルしていって、ずっと優位で推移して勝利。

36戦目。Skywrath Mage
スタート前からChaos Knightが切断。え、Chaos Knightがいないのですか…。
しかし味方の2人が頑張ってくれて、その支援をして勝利!頑張った!

けど無効試合でした。なんで?

後日Vaさんから教えていただきましたが、試合スタート前から5分抜けた人がいる場合、その試合は、無効試合になるそうです。全員棄権した方がいいです。

それにしてもSkywrath Mageは絶好調です。6勝2敗です。その2敗は両方とも負けてしかたがない試合でしたし。

ちなみにSpirit Breakerも5勝1敗で絶好調です。

翌日は多忙でゲーム無し。
その翌日の深夜、やっとdota2ができる、と起動すると、見慣れぬ英文が…。なんか、よくない感じのことが書かれている…。試しにマッチをしてみると、英文の警告ウィンドウが…。

「single draft is the only game mode allowed in the low priority punishment pool.」

「あんた罰則中だからシングルドラフトしかできんぞ」

なに~!?罰則中?

ゲーム履歴を見てみると、昨晩、2回連続でノーマルマッチを途中棄権している記録が…。

あ、あいつだ…。

小2の息子に問い詰めると半べそ。

ちょうど昨日、「絶対に勝手にdota2やったらだめだよ」と言ったばかり。なのに…。

ショックですわ。

ググってもどうしていいのかわからず、とりあえず、子供用に作ってあったアカウントでdota2ができるように、ビルドとかをコピーして2回ノーマルマッチをやって2連敗してふて寝しました。

後日、いろいろな方にメッセージをいただきましたが、ノーマルマッチの中にシングルドラフトというモードがあるので、それを何度か(2回?)やって勝つと罰則モードは解除されるみたいです。私の場合、数日放置していたら解除されていました。
情報をいただいた皆様、ありがとうございました!


-dota2, 初心者の記録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私の3週目。初心者おすすめヒーローのSvenを避けてSand King。

限定された20ヒーローの中から改めて自分が使うメインヒーローを選びなおすために、ヒーローの研究が再度始まりました。 すでにある程度経験済みのSvenにするのは簡単だけど、プロのプレイヤーが使っているの …

初心者ガイド 自分の「うまさ」にあった楽しみ方ができる

私もdota2のゲームをまともにできるようになり、dota2超初心者には、dota2の説明をできるようになりましたし、超初心者よりはうまくヒーローをいじれますし、試合内での超初心者のケアもできるように …

dota2を始めてみた

少し前にdota2を始めてみました。 e-sportsの話題が盛り上がり、問題もいろいろあり、情報を追いかけていると、オリンピックのe-sportsの競技としてdota2が有力候補だという記事を見つけ …

dota2初心者の記録 93戦目から94戦目 いつもの5Carry体制でのSpectreの苦難w

93戦目。 ピック時情報では、レベル高目が2人ずつかな? 自分がラストピック。サポートが欲しい、Lionを選べと言うので、LionはできないのでSpirit Breakerで。 safelaneでJu …

dota2初心者の記録 57戦目 悟ったかも!?

57戦目 ピック時情報では強さ不明。最近は、ほとんどわからないようですね。 4carryだったので、自分はsupportのSkywrath Mage。 最初からこちらのPhantom Assassin …

管理人のみかか爺といいます。
2018年2月末からdota2を始めました。
それまでdota2というゲーム名も知りませんでした。
適当にざっくりではありますが、dota2についての記事を書いてみます。

おっさんですが家事もしていて、数時間おきにやらないといけないことがあることが多く、dota2のお誘いを受けてもできないことがしばしばあります。すいません。でも誘ってください!

カテゴリー