dota2 超初心者

私の最初の1週間 初めてのdota2

投稿日:2018年5月12日 更新日:

ここまでダーッと書いてきました。
簡単に書くようにしたのもあるので、ざつな表現だったり、ちょっと違うことがかかれていたりもしますが、超初心者向けの情報ですので、たぶんこんなんでいいと思います。ゲームを進めていくうちに、それぞれがご自分で情報を修正していけると思いますので(他力本願)

さて、たぶん、私が紹介した部分をしっかり読んでしっかり理解した人はいないと思います(笑)その前に、dota2のゲームを始めていると思います。それでいいです^^

実際にゲームしないとわかりませんしね。何がわからないかもわかりませんし、何よりも楽しくないですしね。

ただ、ゲームを実際にやってみても、かなり難しく感じていませんかね?私は最初はぜんぜん勝てずに「なんで勝てないの?どうやったら勝てるの?」と思っていました。

そんな最初の1週間の出来事です。

2月末のとある日曜日にdota2を知り、すぐにインストールしてみて、チュートリアルをやってみました。
2つ目のDragonKnightのチュートリアルもやった気がします。覚えてませんw
トレーニングのラストヒットのも少しやりました。

でもまず、わからないことだらけなので、dota2wikiをはじめ、dota2情報をググりまくりました。

キーボードの設定を変えて、ディナイを右クリックでやりたくてコンフィグも変えようとするけどうまくいかず(今はキーボードの設定のところでできます)(あと、コンフィグの設定の説明は古いものが多かったです)、「スペースキーを押しっぱなしにすると自分のヒーローが常に画面の真ん中にくるように自動るクロールする」という設定だけしました。使ってないけどw

bot戦(対コンピューター戦)のイージーでも勝てず、「これは結構な練習が必要そうだな。それなら、使うヒーローを絞った方がいいな」と思って、自分のメインヒーローを決めるためにまたググる。

一番多くおすすめされているのがSven。なのでSvenをやってみる。うーむ勝てん…。またググる。Troll Warlordをお勧めしているブログがあり、Troll Warlordをやってみる。アビリティが使いたいけど、キーボードの操作が難しい…。勝てない…。

イージーでもたまにしか勝てず、ミディアムはまったく無理。

研究が必要だなと思い、またググったり、Youtube動画を見たりして、基本的な動作とかを調べました。
dota2のゲーム内で見られるリプレイ(観戦の中のリプレイのトーナメントのリプレイ)も見ました。すげーと思いました(笑)

あ、「Farmというのがあるのか…」とか、戦うときのタイミングとか、仲間との協力とかを参考にします。

イージーでは余裕勝ちするようになり、ミディアムでもたまに勝てるようになりました。SvenでもTroll Warlordでも。

これが初日。もしかすると、一番dota2をやった日かもしれない(笑)

月曜日からは仕事なので、夜に少しずつしかdota2していません。

ミディアムでは勝てるようになったけど、ハードは全然無理です。難し過ぎる…。まったく無理…。

結局1週間はハードではまぐれで勝つ程度で、全然無理でした。


-dota2, 超初心者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソロランクマッチはCarryが良い? その2

「ソロランクマッチはCarryが良い?」の検証記事のその2です。 翌日の13時過ぎに、ソロランクマッチをしてみました。 平日の昼過ぎにランクマッチをするのは初めてかもしれません。 なんか、変な時間帯に …

初心者ガイド 自分の「うまさ」にあった楽しみ方ができる

私もdota2のゲームをまともにできるようになり、dota2超初心者には、dota2の説明をできるようになりましたし、超初心者よりはうまくヒーローをいじれますし、試合内での超初心者のケアもできるように …

初心者の疑問 続・ヒーローの選択について

昨日、1to5システムのことや、新たに使うヒーローを選ぶときに、どのように考えればいいのかについて書きました。 大きく分けると 1.midSkywrath Mageでもっと活躍できるようにする。 2. …

私の初のdota2対人戦

dota2を始めてから13日後、初の対人戦に挑みます。 対人戦は、最初にマッチの待ち時間があります。早くて2分くらいで、だいたい4~5分くらいかかることが多いと思います。 見たことがない英語のウィンド …

私の7週目。Phantom Lancerの新ビルド

Phantom Lancerで Diffusal Bladeを早めに持つので、マナバーンができるわけです。このマナバーンは分身でも有効です。攻撃力は弱くても、数人の分身で叩くので、みるみるマナが減って …